Co-Work & Share. H

Co-Work & Share. H

Co-Work & Share. H

2-1-13 Daimyo, Chuo-ku,Fukuoka. 810-0041 Japan
© 2016 Co-work & Share H

BLOG

山の日

こんにちは

HスタッフのErikaです!

本日は日本にとって16日目の1番新しい祝日ですね

そこで今回は山の日誕生について調べてみました!!

 

 

まず「山の日」は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨の国民の祝日です。

日本は国土のおよそ7割が山地で、周りを海に囲まれているため、山や海に畏敬の念を抱きながら生活し、それらの恵みに感謝しながら自然とともに生きてきました。

1995年に「海の日」が国民の祝日になると「山の日」制定の構想が本格化し2010年に日本山岳協会など山岳5団体が「山の日」制定協議会を設立し、2013年に超党派の「山の日」制定議員連盟が発足すると、「山の日」を国民の祝日にする運動が全国に広がりました。

2011年に東日本大震災が起きたことで一旦立ち消えになったものの、2013年に再び体勢を立て直して制定運動に励んだ結果、2014年に「山の日」が制定され、2016年に施行となったのです。

2010年から始まった、わりと大がかりなものだったんですね!

 

 

ではなぜ8月11日なのか、、、!?

 

当初は祝日の無い6月にする案や、「海の日」(7月第3月曜日)の翌日にする案などがありましたが、お盆のころで休暇がとりやすい8月11日になりました。一時はお盆前の8月12日が有力でしたが、日航機墜落事故が起きた日で墜落した場所も山であると重なることから見直され、8月11日に落ち着いたのです。

 

さらにこれは、「八」の字が山の形にみえるため「8」、木が立ち並ぶイメージから「11」というふうに、山を連想させる数字だからです。

 

ただ1日祝日が増えて嬉しい!というだけではなく、山の日設定までのたくさんの人たちの思いや年月を知ると同じ山の日でも過ごし方が変わってきそうですね☆♪