Co-Work & Share. H

Co-Work & Share. H

Co-Work & Share. H

2-1-13 Daimyo, Chuo-ku,Fukuoka. 810-0041 Japan
© 2016 Co-work & Share H

BLOG

博多祇園山笠

博多祇園山笠

博多祇園山笠の追い山まで残り5日!

ということで今日は福岡を代表する伝統行事の博多祇園山笠をご紹介します。

 

博多祇園山笠は700年以上続く櫛田神社の奉納神事で、毎年7月1日から15日まで開催されます。

その起源は、1241年に博多に疫病が流行した際に、承天寺の開祖・聖一国師が祈祷水を撒いて町を清め、疫病退散を祈願したことが始まりとされています(※諸説あり)。

当時の山笠は、高さ15メートル前後のものを担いて、街中をゆっくりと練り歩いていましたが,明治末に電線が張り巡らされたことから、それまでの山笠を「飾り山笠」として残して、別に高さを抑えた山笠「舁き山笠」を作って担ぐようになりました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「博多祇園山笠」は、毎年度7月1日から15日で実施されますが、主な見どころは、以下のとおりです。

○7月1日  飾り山笠公開
福岡市内各所に大きな「飾り山笠」がお目見えします。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます

毎年、キャラクターやホークスの選手などの人形があしらわれた飾り山もあります。

子供からお年寄りまで楽しめますね。

○7月12日 追い山馴らし(開催時間 午後3:59~)
15日の追い山に向けた予行練習として約4キロのコースを走り、本番さながらのタイムレースが繰り広げられます。

○7月13日 集団山見せ(開催時間 午後3: 30~)
呉服町交差点から中央区天神の市役所前まで1.2キロの道のりを走ります。市長など地元の名士が台上にあがります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

○7月15日 追い山笠(開催時間 午前4:59~)
午前4時59分、大太鼓の合図とともに一番山笠が櫛田神社の境内に舁き入れます。以降、二番山から七番山まで一定の間隔を置いてその後に続き、櫛田神社の境内から街中へと駆けだしていきます。

 

博多祇園山笠の最大の見所はなんといっても「追い山笠」です!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

祭りのフィナーレで、7つの流の舁き山笠と唯一の走る飾り山笠である上川端通の山笠が集結し、市内を勢いよく駆け回り、タイムを競います。

「追い山笠」のメインイベントである「櫛田入り」は大勢の人で賑わいます。

「櫛田入り」とは、櫛田神社の境内(清道)に山笠を舁き入れて、境内にある旗(清道旗)を回ってから境内を出るまでのこと。距離としては約112メートルで所要時間を競い合うため、各流とも精鋭で臨みます。
境内(清道)で見学するための桟敷券(さじきけん)は6月下旬に発売されますが、発売開始後わずか15分ほどで完売してしまう人気ぶりです。

舁き山笠のスピード感や男たちの勇ましいかけ声は博多祇園山笠の最大の魅力!

ぜひ行ってみてはいかがですか。

 

皆さんがより効率的な作業が

できますよう精一杯努めていきます

どうぞ、Co-work&Share.Hを

よろしくお願い致します。

働く・暮らす・生きるが変わる場所

Co-work&Share.H

福岡市中央区大名2-1-13

8:00〜23:00